【おすすめアニメ】ガールズ&パンツァーが熱い!ガルパンはいいぞ【女子高生&戦車】

アニメ・映画

 みなさん、アニメは好きですか???私は、大好きです!!!!!!!!!!笑

 きっと、この記事を見ている人は既に好きか興味がある人が多いでしょう。そんなアンテナがしっかり張っている方々なら聞いたことがあると思います。

 「ガルパンはいいぞ」一時期は、この一言がホットワードになり”〇〇はいいぞ”という布教が流行りましたね。それ程までに『 ガールズ&パンツァー 劇場版 』は大ヒットを記録し、超ロングラン公開、各地の映画館や聖地である大洗などなど…多岐にわたる影響を与えました。

 もう昔の話でしょ?もう知ってるよ。実は良く知らない。いやいや、待ってください!ガルパンはまだまだ終わってません!今からだって遅くないし、まだまだ楽しめますよ!って事で、改めてこの素晴らしい作品を語らせて下さい!紹介させて下さい!



1.そもそもガールズ&パンツァーとは?

☆ガールズ&パンツァー(ガルパン) … 舞台は、戦車を使った武道「戦車道」が、華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている世界。

 県立大洗女子学園に転校生・西住みほがやってくるところからストーリーは始まります。
戦車道が嫌いで、戦車道のない大洗女子を選んだみほ。ところが転校早々、生徒会長に呼び出され必修選択科目で戦車道を選択し、戦車道全国大会に出場するよう強要されます。
 しかも、集まったメンバーは個性派ばかり!

 華道家元の娘の五十鈴華、恋に恋する武部沙織、戦車マニアの秋山優花里、朝に弱い優等生の冷泉麻子。友達とのフツーの女子高生活を夢見て、大洗へ転校して来たみほの、ささやかな願いは叶うのか?

⇒  ガールズ&パンツァー 公式HP

 いやぁ、女子高生と戦車という組み合わせだけでも今までになく、衝撃的で斬新だと感じるんですが、世界観として『戦車を使った武道が乙女の嗜み』とされている点がとても興味深いですよね。面白いです。

 今までも実は、”美少女×〇〇〇〇”といった風に、異質なものを組み合わせて流行するというのがブームになっていて、イメージキャラクターから擬人化までそれはそれは幅広く浸透し変化していきました。代表的なのはやっぱり”艦これ”でしょうか。最近だと”ゆるキャン△”が爆発的な人気を博しましたね。

 要するに、この作品ではレディは戦車を乗りこなすもんだ!という点だけ理解していれば大丈夫です。各学校でも授業の教科として取り入れられていたり、プロリーグなんて話も…そんな中で、主人公の西住みほが訳あって戦車道のない大洗女子学園へ転校してくる所から物語は始まります。

 言ってしまうと、ストーリーとしては弱小高校が甲子園出場を目指すような、青春ストーリー。スポ根に近い王道の物語です。王道で、あくまでも競技としてのミリタリーだからこそ、安心して作品を観ていける作品になっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX(特装限定版)【Blu-ray】 [ 渕上舞 ]
価格:22101円(税込、送料無料) (2019/10/26時点)

 

楽天で購入

 

 

 

 

2.戦車のクオリティが凄い!

 なんと言っても、この作品を勧める上で絶対に伝えておきたいのは、ミリタリーファン。特に、戦車が好きな人たちは必ず見た方が良いと胸を張って主張できる点だ。

 ガルパンでは多くの戦車が登場し、学校ごとに各国のイメージが反映された校風となっている。日本だけではなく、様々な国の戦車が登場するのだ。そして、軍事評論家や国際政治学者が戦車の歴史的資料だと太鼓判を推すほどの忠実な再現度の戦車達。そう、車体の裏側や走っている姿、車体の内側など隅々まで、今は資料がほとんどない所。いや、もう無いであろう範囲の物も書籍として出版したり映像として作り上げている。履帯のたるみ一つ一つにまで拘った結果、テレビ放送当時は製作が追い付かず分割ワンクールという前代未聞の現象が起きてしまったが、それでも完成されたものを視聴者に届けたいという熱意があっての物だろう、それが届いたからこそこれ程までに記録的な大ヒットを遂げたんだと思います。

『ガールズ&パンツァー 劇場版』本編序盤 大洗市街戦 一部配信

 さて、ここまではそりゃタイトルが、ガールズ&パンツァーなんだから、戦車が好きな人が楽しめるのは当たり前でしょう。じゃあ、興味あるけど詳しくない。全く解らない。そんな人は全然楽しめないのか?と問われれば、全くそんな事はありません!

 このガルパンという作品は、それぞれの戦車をただの競技の一つの道具としてではなく、大切に描き続けたおかげで戦車が一つのキャラクターというレベルにまで昇華されている。戦車達その車体の一つ一つが独立した個性を持っている事が自然と解るのだ。
 かくいう私、筆者も戦車や戦艦が好きで興味があって自衛隊の駐屯地のイベントなどには定期的に行くが、別に詳しくもなければそれぞれを判別する事だって出来なかった人です。”10式戦車”を”じゅうしき”戦車って呼んでいた位ににわか極まりないレベルでした。けれど、自然とこの戦車が好きだなぁ、この戦車かっこいい。…チャーチルが。Ⅳ号戦車頑張れ!と、名前が頭に入ってくる上にそれぞれの違いを認識出来るようになったのだ。
 
 そう、ガルパンはミリタリー系の初心者の特に戦車へ、興味がある人の入り口にぴったりの作品になっていて、まるで教科書のような一面もあるのだ。それでいて、玄人のミリタリーファンも、軍事研究家の方々まで頷ける仕上がりなので、誰でも入り込める素晴らしい作品なのである。

3.大洗町のクオリティが凄い!

 さて、何度かこのガルパンは再現度が高いと語っているが、その聖地となった舞台の実在する街のクオリティも大変凄い事になっている。舞台は茨城県の大洗町。

大洗町 … 茨城県の海岸線のほぼ真ん中に位置する太平洋に面した港町。人口は1万6千人程の小さな街。

 昔から続く漁業の街で、名産は冬の味覚”あんこう”と”しらす”が水揚げされており、海岸は関東有数の海水浴場があり、サーファーのメッカとしても人気が高い。
更に港からは北海道の苫小牧港行きのフェリーが出ているため、夏には北海道へ走りに行く関東中のライダーが集まってくる場所です。

多数の観光スポットが散りばめられてあり、県内随一の来誘客を誇る観光地となってます。

 実際に作品を観ていると、この街のなかで戦車が走り回り砲撃を行うシーンがあってとても衝撃的でした。だって、田舎とはいえ、市街地で戦車が走り回るのだ、商店街やショッピングモール、普通に街中で戦車が走るなんて想像もしたことないですよね。

 それほどまでに、この作品では戦車が日常であり、この作品は日常の大洗町をしっかりと描き上げている。この作品を観るようになって、ランドマークであるマリンタワーを見るとなんだか胸がほっこりするようになったし、知らぬ間に大洗のなんでもない道を覚えてしまっていたりする。実際に戦車が走った道を追うように道を巡ることができるのだ。

【ガールズ&パンツァーコラボ】声優・渕上舞さんと井口裕香さんが大洗パネル巡りバスツアー!あんこう編


 これまで、聖地となった場所や再現したアニメ作品は数多くあったと思うけれども、一つの町全体をここまで再現した作品は他にあるのだろうか?いや、無いんじゃないだろうか。自然と、ガルパンを観ている内に大洗町を知って、自然と好きになって、興味を持っていける。そんな作品を作り上げるというのは並大抵の事では出来ないし、舞台に使わせてくれた大洗町に対して最高の恩返しになっていると思う。だからこそ、大洗の人たちもガルパンを愛してくれているのだと思います。

【旅行】ガルパンの大洗町は聖地巡礼の初心者におすすめ!【口コミ】

4.繋がりを作るきっかけになる作品

 ガールズ&パンツァーは、嘘の付き方が上手だと思うんです。戦車や街を忠実に再現しているのが凄い!という話を沢山しましたが、例えば本当に戦車が通れるほどの道しか使っていないかというとそれは違う。戦車によって速度は違うのは表現をしているが、じゃあ実際の速度で走っているのかと言うと全然違う。ミリタリー関係者のオーディオコメンタリーでも触れていた気がしますが、フィクションとノンフィクションの融合の仕方が上手いのである。

 例えば、実際の戦車の速度を守って作品を作ったらリアリティは上がるが、作品としての盛り上がりはどうだろうか?だって、折角アニメーションなんだから、それはないだろwwwと笑えるようなユーモアがあっていいんですよ、視聴者を楽しませるのがエンタテイメントであって、リアルを追求するのが正解って訳じゃない。けれど、あまりにも乖離し過ぎてしまうと、舞台や戦車の魅力はどうしても半減してしまう。そのバランスが凄いのだ。

 結果として、ガルパンをきっかけに大洗町の存在を知った人はとても多いと思う。実際にガルパンで観光する人だけではなく、移住者も相当な数になっている。それは、興味を持てるような作品である点もそうだが、実際に旅行してみて、共通点や違いを見つけるのも楽しい。そして、大洗町としての魅力にも溢れているから、新しい発見があってまた来たくなる。人との繋がりがここまでしっかりある街も今はそんなに多くないんじゃないかな。あたたかな町です。

 そして、アニメをきっかけに戦車に興味を持つ人がいるだろう。作品の音楽が好きになった人もいるだろう。大洗町や旅行に興味を持つ人がいるだろう。サーフィンが出来る。キャンプも出来る。ご飯も美味い。そうなると、今までとは違った範囲の趣味や世界と繋がることが出来るのだ。

 多様の楽しみ方が出来る作品と、多様な楽しみ方が出来る町。そこには多様な楽しみを持った人たちが集まるのだ。どんどん新しい楽しみと出会っていく、人生が豊かになる作品と町

 それがガルパンと大洗町だと思います。

⇒ 【旅行】大洗町のおすすめカフェ7選!穴場スポットも【口コミ】

⇒ 【旅行】おすすめ!初めて大洗はイベントやお祭りで満喫しよう!【口コミ】



コメント

タイトルとURLをコピーしました