【旅行】ガルパンの大洗町は聖地巡礼の初心者におすすめ!【口コミ】

旅行・聖地巡礼

 大洗町といえば、アニメ“ガールズ&パンツァー(ガルパン)”で一躍有名になった観光名所である。

 アニメで町興しの代名詞ともなる程、震災からの復興も相まって成功例として挙げられる事が多いが、そもそも街のポテンシャルが凄まじい。

 殆どの場合は作品に頼ろうとしてしまうもので、決して悪い事ではないが、アニメファンとして思うに、どの作品もアニメ自体に町興しする程の力は無いだろう。このコンテンツを1つの手段として街がどう在るかが大事なのである。

では、この大洗町は如何にしてここまで注目されるようになったのだろうか?

⇒ 【旅行】大洗町のおすすめカフェ7選!穴場スポットも【口コミ】



1.そもそも大洗町とは?

茨城県の海岸線のほぼ真ん中に位置する太平洋に面した港町。人口は1万6千人程。

 昔から続く漁業の街で、名産は冬の味覚あんこうと”しらす”が水揚げされており、海岸は関東有数の海水浴場があり、サーファーのメッカとしても人気が高い。
更に港からは北海道の苫小牧港行きのフェリーが出ているため、夏には北海道へ走りに行く関東中のライダーが集まってくる場所です。

 23.19kmと面積の小さい街ながら、多数の観光スポットが散りばめられており、県内随一の来誘客を誇る観光地となっております。

アライッペ … 平成25年に産まれた大洗町の公式イメージキャラクター

 大洗町の特産品であるシラスとハマグリ、そして潮干狩りをモチーフにしています。 口はハマグリ、尻尾には潮干狩りの熊手が付いている鳥っぽい生物。かわいらしい丸いフォルムで、体中にくっついてフワフワ揺れるたくさんのシラスが一番のチャームポイントです。

 ある日、怪我をして砂浜に打ち上げられていたところを地元の漁師さんに看病してもらい、恩返しするためイメージキャラクターとして名乗り出ました。花火が大好きで、嬉しいと小刻みに揺れる男の子らしいです!

2.大洗町とガールズ&パンツァーとの出会い

☆ガールズ&パンツァー(ガルパン) … 舞台は、戦車を使った武道「戦車道」が、華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている世界。

 県立大洗女子学園に転校生・西住みほがやってくるところからストーリーは始まります。
戦車道が嫌いで、戦車道のない大洗女子を選んだみほ。ところが転校早々、生徒会長に呼び出され必修選択科目で戦車道を選択し、戦車道全国大会に出場するよう強要されます。
 しかも、集まったメンバーは個性派ばかり!
 華道家元の娘の五十鈴華、恋に恋する武部沙織、戦車マニアの秋山優花里、朝に弱い優等生の冷泉麻子。友達とのフツーの女子高生活を夢見て、大洗へ転校して来たみほの、ささやかな願いは叶うのか?

ガールズ&パンツァー 公式HP

 バンダイビジュアルの杉山潔プロデューサー(以下:杉山P)のインタビューや動画のコメント等でも度々挙げられているが、もともとは別の舞台を考えていたそうです。

 ただ、学園艦という特殊な設定や、多数のランドマーク、ロケハンの距離。そして実際に杉山Pが家族でよく遊びに来ていた場所で土地勘もあり、キャラクターの生活感が感じられるのが良いよねと、決まったそうです。

 先ほど筆者も述べましたが、アニメに町おこしの力はないと杉山Pも語っており、「経済効果の話は一切止めましょう。 」コンテンツには必ず終わりが来るので、なくなった途端また元に戻っちゃう。皆さんがやったほうが良いことは、いま来てくれているお客さんに“大洗のファン”になってもらうことですよ」と、町長にも直接お話したそうです。

 けれども、当時は3.11の地震の影響もあり胸の内には水島監督と共に震災の手助けに何かできないだろうか?と考えていたそうです。これを言うと復興させてやる!と勘違いされかねないのと、上記のアニメにその力はないとの思いがあるからか公言は控えていました。
 
 杉山P「こういう時ってエンタテイメントは無力なんです、けれどいずれエンタテイメントが力になれる時期がくるはずだ。」

 そして大洗側のキーマン。Oaraiクリエイティブマネジメント代表取締役の常盤良彦さん。当時の大洗は津波被害に見舞われ、観光客が激減し、震災後の復興作業で忙しく、前向きでは無かったそう。ただ町には空元気ながら頑張ろうとしてるものの閉塞感が蔓延していた。そこで、自粛自粛ではなく街の皆を大洗を元気にしたい、その切っ掛けとして何かやれないだろうか?と考え杉山Pと意気投合し一緒に動いていった企画なんです。

 常盤氏 「経済効果は二の次でいいです。とりあえず街の中で一緒に楽しめる素材として使いたいです。面白そうなので僕たちはこれで遊びます。」

【おすすめアニメ】ガールズ&パンツァーが熱い!ガルパンはいいぞ【女子高生&戦車】

ラブライブ! サンシャイン!!

3.なぜ大洗町がおすすめなの?

 そんな大洗町へ、実際に筆者が2016年3月から足しげく通うようになった大洗の凄い所や好きな所を少しお話したい。

 茨城県って魅力度ランキング最下位で有名になってますよね?

 偕楽園だってROCK IN JAPAN FESTIVALだって茨城県。名所は多数。申し分なし。なのにそんなイメージが先行しているのは何故か、そう!お客様一人ひとりへのおもてなしの街だから、不特定多数へのPRが下手なんだというのを実感しました。
 民宿なんてその最たる所で、泊まりに来てくださった方々一人ひとりに合わせておもてなしをしているんだから、そりゃ街に来ないと真の良さを味わう事は出来ないんですよ。

 きっかけはアニメ。ガルパンの聖地だから。けど今、何故これだけリピートしているのか?それは単に大洗のファンになったからなのだ。そう、杉山Pの助言の通り、大洗の人たちは相変わらずオタク達にも変わらないお客様へのおもてなしをし続けた結果がこれなのである。

 そして、このガルパンも凄かった!初めて降り立った場所なのに、駅を降りた瞬間から知っている風景なのだ。そりゃ舞台になっているからそうだろう。けど、このガルパンは一味違う。適当に歩き回って入った細路地ですら、知っているのだ。

 他の場所にも聖地巡礼で旅行した事があります。けれど、基本的にこの場所あのシーンだ!って感想になりつつ周っていく訳です。それが、大洗の場合はこの街それ自体が舞台になっている。これは恐ろしい。

 そのうえ、見出しその1でも記述した通り、小さい街でコンパクトなのである。基本的に旅行や聖地巡礼って車移動が前提であっちこっち周らないといけなくなる。それが、この街の場合ほとんどの主要スポットが固まっているので、のんびり歩いて周る事が可能なのである。
 しかもレンタサイクルもある上、回遊バスが一日乗車券200円。そりゃ旅行初心者、聖地巡礼慣れしていない人。車がない人も気軽に楽しめる街なのである。

 更にこの大洗には名刺交換という文化がある。お店でお買い物など特定の条件を満たす、もしくは名刺を渡すことによって、お店やキャラクターの名刺が貰えるのである。
 
 純粋に集めるのも楽しいのだが、これがお店の人との交流のきっかけになったり、同じようにファンである、観光に来てるガルパンおじさんも名刺を持っている確率が高い為、相席や同じ店に居たときに交流が生れるのだ。もちろん、ツイッターのIDやハンドルネームなど簡易的なものでも、仕事で使っている物でも何でもOKなので、気軽に試して貰いたい。

 今でこそ最近はファン層がかなり広がっているが、元はミリタリー系のファン層が古くからのリピーターな為、それこそガルパンおじさん。落ち着いているマナーのいい優しいファンが多いので思い切って声をかけてみると良いだろう。

4.大洗に帰ろう!

 なにはともあれ一度、この街へ遊びに来て実際に観光してみて欲しい。

 民宿に泊まればあそこがおすすめだよと話を聞いたり、おすすめされた喫茶店へ行くと昔からその紹介してくれた女将さんとは親しくしているとか、街の人たち同士でもちゃんと繋がりがあり、そんな交流の話まで聞けるのである。
 馴染みのお店が有ったり、ふいに世間話ができる商店街が今のご時世どれだけ残っているだろうか?そして更に、観光客が故郷に帰ってきたと思わせる程、暖かく迎え入れてくれるのだ。

 きっと心の故郷になって、また大洗に帰りたい。と思わせてくれる街になるに違いない。

⇒ 【旅行】ガルパンだけじゃない!大洗町のおすすめ観光スポット7選!【口コミ】

⇒ 【旅行】おすすめ!海水浴・ダイビングの穴場スポット!沼津の海はとっても綺麗!西浦へ行こう!【口コミ】



コメント

タイトルとURLをコピーしました