【珈琲の知識】カフェラテとカフェオレの違いって?

珈琲・紅茶

皆さんは珈琲を普段飲んでいますか?

何気ない日常に存在する、身近な飲み物ですが、 意外とちゃんと知らない事も多いと思うので、初心者の方も簡単に学べる教科書の1ページになればと思います。

今回は、カフェラテ・カフェオレ・カプチーノについて知っていきましょう。

そもそも珈琲についてあまり知らない人はコチラ
【珈琲の知識】初めての方への珈琲のお話。



1.まずは語源や発祥を知る。

実はこの二つの飲み物ですが、発祥が違います。

「カフェ・ラテ」 はイタリア発祥の飲み物。正式にはカフェ・コン・ラッテ(Caffè con Latte)といい、”Caffe”がコーヒー、”con”が英語でいうwith、”latte”が牛乳を意味しています。

「カフェ・オレ」は フランス発祥の飲み物。正式には 「カフェ・オ・レ(café au lait)」で “cafe”がコーヒー、”au”が前置詞、”lait”が牛乳を意味します。

つまり、イタリア発祥のラテはエスプレッソがベースになっていて、
フランス発祥のオレはドリップコーヒーがベースになっています。

簡単に言うと、カフェ・オレは珈琲牛乳って感じですね。笑

⇒ 【珈琲の知識】ハニープロセス?ハニー製法って何?ナチュラル・パルプドナチュラル、珈琲の精製方法を解説!

2.エスプレッソって何だろう?

さて、カフェラテとカフェオレの違いをここで知ったところで、細かい違いです。

「カフェ・ラテ」はエスプレッソコーヒーと牛乳を入れた飲み物。
「カフェ・オレ」はドリップコーヒーと牛乳を大体1:1の分量のものになります。

そもそもエスプレッソとは、専用マシンを使って豆に高圧力をかけて一気に抽出した珈琲のこと。
濃厚で旨味もぎゅっと詰まっている、 30cc程度の飲み物です。

語源は高温高速抽出の特徴から、 英語の「express(急行)」という説が有力です。
そして、ドリップコーヒーよりも、エスプレッソはカフェインが少ないという所も注目です。

珈琲というのはこのエスプレッソコーヒーとドリップコーヒーの二種類になります。



【珈琲の知識】アメリカンコーヒーって?第3次コーヒーブームから第4次コーヒーブームへ

3.フォームドミルクとスチームミルクって?

そして、実は同じ牛乳でも違いがあったりします。これも知っておきましょう。

フォームミルク(フォームドミルク)というのは、一言でいうと泡状のミルクです。
空気を含ませたモコモコに温めたミルクで、フォームは「泡」という意味です。

スチームミルクというのは、簡単に言うと温めたミルクの事を指します。
スチームは「蒸気」という意味で、温めた際に出来る泡を空気を含まない部分ですね。

このモコモコのフォームミルクの部分とスチーム部分を上手に使って、カプチーノ等のラテアートが作られたりする訳です。この違いによって名称も変わっていきます。

4.カフェオレとカフェラテの違いとは?

最後に改めて「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いについておさらいしましょう。

カフェオレは、コーヒーとスチームミルク。1:1。簡単に言うと珈琲牛乳
カフェラテは、エスプレッソとスチームミルクと少量のフォームミルク5mm位。

そして、カプチーノというのは、カフェラテと内容は一緒ですが、
フォームミルクの量が多く10mm位あるのが一般的です。ラテアートなどはこれを指します。

これでもうカフェラテとカフェオレ、カプチーノの違いはマスターしましたね!
街中で見かけても混乱することなく、カフェタイムを楽しみましょう!

因みにこれは筆者が作ったカプチーノ。ラテアートの模様はリーフです。笑

⇒あわせてコチラも【紅茶の知識】ミルクティーとロイヤルミルクティーの違いって?



コメント

タイトルとURLをコピーしました