【珈琲の知識】ストレート豆?ブレンド豆って?それぞれの利点とコーヒー豆の種類の見方。

珈琲・紅茶

 皆さんは珈琲。飲みますか?

 普段、何気なく飲んでいる珈琲ですが、お店によって様々です。”コーヒー”とだけ表記してあったり”ブレンド”と書いてあったり…。そもそもコーヒーの種類って良く解らない。そんな方にも解りやすく、ブレンド豆とストレート豆について紹介していこうと思います。

 何気なく入った喫茶店が、珈琲専門店だったりして「普通のコーヒー下さい」って言ってしまう人は結構多いんです。でも、そもそも普通の珈琲って何ですか?

 家電量販店に行って「普通のパソコンが欲しいです」なんて言わないですよね?楽器屋さんに行って「普通のギターどれですか」なんて言わないですよね?…そんな実はやりがちなちょっと恥ずかしい凡ミスをデート等でしないよう、折角の珈琲ブームですから少し知っておいても損はないはず!



⇒ 【珈琲の知識】はじめての方への珈琲のお話。

1.珈琲豆の産地と表記の見方

 そもそもコーヒーの表記は生産国・生産地域(農園)・銘柄(品種)・規格(グレード)・精選方法が主に記されてあります。その中でも、国の名前だけであったり品種が書いてなかったりとまちまちなので解りづらくなりがちです。

 けど、冷静に考えてみて下さい、珈琲は農作物です。ですから、生産された国名や農園の名前が書いてあって当たり前だと思えば、種類の表記の半分は理解したも同然です。八百屋さんへ行けば、”水菜:茨城県産”と書いてあったりしますが、つまり珈琲もそれと一緒で産地が書いてあるって事です。

 具体的な例を挙げて行きましょう。

生産国精選方法
⇒コロンビア・ウォッシュド(水洗式)
⇒エチオピア・ナチュラル(非水洗式)

生産国農園(地域)規格(グレード)
⇒ブラジル・サントス・No.2
⇒エチオピア・イルガチェフ・G-1
⇒ケニア・ ニエリヒル・AA

生産国銘柄(品種)
⇒ブラジル・イエローブルボン
⇒エルサルバドル・カトゥアイ
⇒パナマ・ゲイシャ

生産国農園(地域)精選方法
⇒コスタリカ・エルバボル農園+ハニー
⇒ブラジル・ミナスジェライス州(セハネグラ農園)・ナチュラル

農園(地域)+規格(グレード)
⇒マンデリン(スマトラ島)・G-1
⇒トラジャ(スラウェシ島)・G-2

 こうして改めて見るとやっかいですねぇ…ただ、何となく、国名や農園と精選方法、グレードの3種類に分かれていて、これなんだろうなっていう目星をつけるコツと順番は解ってきたんじゃないでしょうか?丁寧に、”地域:イルガチョフ”、”精選方法:ナチュラル”等、表記してあったりするので、これで慌てる事もないと思います。

 精選方法についてはコチラの記事が解りやすくまとめてありますので、ご参考にどうぞ!
⇒ 【珈琲の知識】ハニープロセス?ハニー製法って何?ナチュラル・パルプドナチュラル、珈琲の精製方法を解説

コーヒー豆の等級・グレード (他社サイト: 有限会社 ピコフードサービス 様)



2.ストレート豆(シングル)について

 さて、いよいよ本題。先に、珈琲豆の中でも”ストレート豆”もしくは”シングル”と言われる種類について解説していこうと思います。これを抑えておけば、ちょっと通な感じが出てきますし、他の理解も早いのでとりあえず、ここだけは勘違いせずしっかり知っておきましょう。

 そもそも先ほど、記述した通り珈琲って農作物なんです。なので、国の土地や環境の影響をとても受けています。だから基本的には上記の表示のように、国名や農園の名前が銘柄として表記されています。そして、その単一の種類・場所で収穫された物をストレート豆と呼びます。

 つまり簡単に言うと

・ブラジル
・コロンビア
・インドネシア
・エチオピア etc…

 これらは全てストレート豆です。農園の名前だけであったりも含めて、”ブレンド”と書いてなければ、ストレート豆になります。その国の中でも特定の農園のみの豆をシングルオリジンとも呼んでいます。逆に、同じ産地の国であっても品種が違うものをブレンドしている場合も有ります。

 土地によって作物は育ち方が違うので、国や精選方法で味わいも変わってきますから、この国名、ストレート豆の種類や精選方法などの表記で大まかに味の見当を付けている訳です。

3.ブレンド豆について

 では、ブレンドって何だろうか?その名の通り、ブラジルと〇〇〇と…と言ったように二種類以上の組み合わせ、別々の産地(国)の種類の豆を混ぜた物がブレンドと一般的に呼ばれています。

 これでもう簡単ですね、ストレートとブレンド豆の違いはこんなにも単純明快。それだけです。じゃあ、具体的にどう違うのか、どういった目的や意味が合ってブレンドされるのかをズバリお伝えしましょう。

 ・品質の安定化
 ・オリジナリティ
 ・味の中庸化
 ・コスト削減

 コーヒー豆をブレンドする理由と目的は主にこの4つです。順に解説していきます。

 ・品質の安定化 … 何度もお伝えしているように珈琲豆というのは農作物です。なので、同じ種類の豆でも品質が良い時と悪い時があります。簡単にいうと、例えば、同じお店であろうとなかろうと、常にブラジルを注文しても同じ農園だったとしても、美味しい時と微妙な時があったりと、味が一定になりません。これがストレート豆の最大のデメリットです。

 ですが、例えばブレンドでブラジルを使っていた場合。ブラジルの豆がいまいちだったら、他の豆の配分を増やし、全体のバランスを調整する事によって、味のクオリティを下げずに常に同じレベルの美味しい珈琲を提供することが出来ます。


 ・味の中庸化 … こちらは、簡単に言うと飲みやすい味にコーヒーを整える事です。珈琲は種類によってはとても個性的であったり独特の風味を伴うものが多くあります。それを、一般的に飲みなれていない人も舌に馴染みやすい味に偏らないようバランスを取る目的があります。

 ・コスト削減 … 残念ながら一番多い理由はこれだと個人的に思っております。こんな事を言うと敵を作るかもしれませんが、珈琲というのは全然儲かりません。栽培や焙煎、販売して抽出、そして提供。どこからどの程度まで行うか解りませんが、品質の良いストレート豆だけを使っていたら全然元が取れないのです。

 なので、そこそこの品質のグレード豆、つまり安い豆を多く配合させて、かさ増しをさせてコストを削減させているお店がとても多いと思います。正直、美味しい珈琲を売り文句・看板メニューにしている専門店以外だとほとんどそうだと思います。あくまで個人的に飲み歩き比べてみての、あくまで個人の一意見として受け止めて欲しいですが…。

 ・オリジナリティ … これは商品のブランド化やお店の看板となる味を作り出せるという事です。他のお店にはない、そのお店でしか味わえない珈琲を作ることが出来る。そして、上記の品質の安定化とは逆に、常に良い豆だけを使って究極の一杯を安定的に作り出すのを目標にしているお店もあるでしょう。ポジティブな理由でブレンドをしているお店は、これが一番の要因でしょう。

⇒ 【珈琲の知識】カフェラテとカフェオレの違いって?

 さて、これであなたの珈琲の知識や世界は随分と変わったはず!
 楽しいカフェタイムを過ごしましょう!

⇒ 【珈琲の知識】バリスタもおすすめインスタントコーヒー!イニックコーヒー(INIC Coffee)【口コミ】



コメント

タイトルとURLをコピーしました